心のつぶやき
  • No.14みんなで子育て
No.14 みんなで子育て

最近TVドラマでもありましたが、子どもを産んでママになり周りから「○○ちゃんママ」という呼ばれているうちに、
自分を見失っていく・・・そんな体験をしたことはありませんか?
女性は結婚、出産というライフスタイルの変化の中で、その都度、自分の立つ位置を、自分で考え決めていかなくては
ならない状況に遭遇します。

夫から「昼寝ができていいなあ」と言われる。
学生時代の友達からは「ママ友と楽しくやればいいじゃん」と言われる。
でも実際の生活は、離れるとすぐ泣き出す子どもを抱えて食事の用意もままならない。
自分の食事なんて卵かけご飯と納豆ご飯のローテーション。
夫が言うような自分の時間なんてこれっぽちもないのに。

ママ友といっても、お互いに子どもがいるというだけで、知らない人にとても話しかけたりできなくって・・・。
それに、ベビーカーですれ違うママ、スーパーで見かけるママは完璧に子育てやれているように見える。
だってうちの子は黙ってベビーカーやカートに座ってくれないし、スーパーでも大泣きするし・・・。
私だけうまくやれていないんじゃないかと思う・・・。
一人で子育てを背負って、負のスパイラルへとどんどんはまってしまう。

孤立しての子育てほど、きついものはない気がします。
それに、昔はきょうだいや近所の子どもの面倒を見る機会があったかもしれませんが、
今は自分の子を産んで初めて赤ちゃんのお世話をするという人がほとんどです。
「子育てってそういうものなのよ」という先輩の一言や「うちも同じよ」という子育て仲間の
一言があればどんなにか気が楽になることでしょう。

失われた家族や地域の機能を補うために実は行政や民間での子育て支援、サポートのシステムが増えています。
子育て支援センターや子育てサロンを利用したり、グループで子育てのことを話す講座などを受ける中で、
息抜きができたり、仲間ができたりということもあります。
一人で子どもを育てるのではなく、家族、地域の人、友達と色々な人とのかかわりの中で子育てができると、
楽しく子育てができるのではないかと思います。
そして一人で担っていた分を分担することでできた時間を、自分の時間として過ごしてみてはいかがですか?
自分自身の要求を満たすことは、子どもの要求しているものを満たせるようになるための原動力になるはずです。

このページのトップへ